キンキと関ジャニ好きな東北人の自堕落日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
中毒症状
関ジャニ∞
えっ!ホンマ!?ビックリ!!
TOUR 2007 in 岩手県民会館

2007/08/18
第二部 17:30開演

席は3階席、中央部分。












曲順はしっかりしてた
同行者、咲さんの記憶を基に(ありがとう!)
…気になった部分を順不同に(つまり自身が無いよって事)


オープニング
赤い特攻服、を着て両サイドのドアから7人が登場。
客電が落ちる前から、1階席の子達が後ろを向いていた意味がやっとでわかる(笑)

とにかく歓声の大きさに吃驚して、耳が音に慣れるまで大変でした。
(思わず耳塞いでしまったので、周りの人に嫌悪感を与えてたら申し訳ない…)


ズッコケ男道
自己紹介を兼ねた、ズッコケ。
運良く前の席の方と隣の方の間に、すばるくんを拝む。

個人的に踊るのが凄く楽しかった。

ヤスくんがコンパスやったのはここですかね?汗
とにかく頭からヤス君のテンションはおかしかったよ。


Explosion
何回も何回もリピートしてみてた、少年倶楽部の映像とか。
何かもう、この曲で「あ、関ジャニ∞だー」と遅くも実感がわいてきました。

前の席の人と人の間に、ずっとすばるくんが見えてて本当に嬉しかった。
席は悪くても、そういう運はあるかもしれない、悠さん。


Down up↑ / 昴バンド
この曲の入りだったと思うんですが、大倉のドラムソロ、マルベース、安ギターとどんどん入っていく感じ。
大倉のドラムソロが凄くかっこよくて、やばいと思いました(このままじゃ大倉ファンに流れてしまうぞ、と(笑))

そしてすばるくんの声はやっぱり、力強かった。
後ろの後ろまでどんどん来た。凄く心揺さぶられました。
頭で歌詞を理解するんじゃなくて、感じました。間違いなくかっこよかった。


ミセテクレ
オープニングから涙腺刺激されてましたが、何故かここでボーンと号泣。
原因は未だに不明。
頭からケツまでずっと、泣いてました(そして隣に居た咲さんに心配されました)


WONDER BOY / 横山裕
横ソロ、かわいかったー。
ただ手振り?がよく分からなくて、周りの人をひたすら凝視。


わたし鏡 / 安田章大
ギターを持ってきたヤスですが、椅子には横ちょ!
どかせて、やっと歌えたヤス君。
何か凄くかわいかったヤス君、弾き語りはジーンとします。


∞レンジャー
慌しく∞レンジャー登場。
ブラックの「岩手は平和やな」という言葉で、コント開始。

告白はレッド、グリーン(ある意味で奇跡的な組み合わせ)
あー、何かもう時間が経ちすぎてて細かいところまで覚えてません(泣)
レッドの愛は歪んでました。
グリーンは普通のプロポーズでも使えそうでした、少しきゅんとしました(ほんの少し)

お花振り回して6人で踊ってる曲は何だったんだろう?
そこが気になって仕方なかった(かわいかった)

急にレッドが「この星が輝く理由」歌い出だして、普通に泣きました。

ただ、何故かマキマキで忙しそうな印象。
時間が押してたんでしょうかね?


ありがとう。
笑いながら、ブラックが頭を歌いだす。ファンもつられて笑い出す(笑)


∞SAKAおばちゃんROCK
3階席に大倉とヒナちゃん登場!
大倉が左で、ヒナちゃんが右。

ずっと胸に自分のサインボールを入れて遊んでた大倉、何か凄い大きくて細くてかわいかった、という印象でした。
実は生とテレビで印象が大きく違ったのが、ヒナちゃん。
やべ、細くてかっこいー、とずっとヒナちゃん見てました(ただ皆と向かい合わせになって恥かしかった)


MC
・チケット詐欺の話
・振り込め詐欺に大阪人は引っかかりにくい
・東北人は人がいいのかどんくさいのか

主だった話はこのあたり、何だか全体的に短い印象でした。


いつか、また...。
ヒナちゃんキーボード、横ボンゴ。
凄くしんみり、してしまった。綺麗でした。
ここだけは絶対に肉眼に焼き付けようと、頑張って皆を見てました。


MAGIC WORD 〜僕なりの…〜 / 丸山隆平
大きなダンベルを持った派手なマルちゃん登場。
凄く盛り上がった曲でした。
サビが最高に盛り上がるし、マルちゃんも楽しそうだったし。
何より、踊ってた私も楽しかった!


悲しい恋
「あ、関ジャニ∞だ」第二段。
イントロでのすばるくんが相変わらずエロかった。
ただ、最後皆にスポットライト当たるところで亮ちゃんにスポットライトが無かったような気がしたのは私だけだったんだろうか、凄い気になりました。


二人の涙雨
大倉さん歌詞を間違える。1番じゃなくて2番を歌う。レア!!
涙雨ずっと歌ってほしいなー。


大阪ロマネスク
最後の曲じゃなくなっていた衝撃が強くて、ただただびっくりでした。
やっぱりペンライトが綺麗だったー。


亮ちゃんと歌おう、のコーナー
合唱で鳥肌立ちました。
凄く綺麗でした、凄く優しかったです、凄く温かかったです。


強情にGO!
ハマった、この曲もライブには最適ですねー。相当盛り上がりました。
このライブ以来、大好きになった1曲。


さよならはいつも
最後かー、と寂しくなりました。
楽しい時間はいつも早くて、私を置き去りにしてしまうし。

すばるくんが胸の前で手を合わせたしぐさに、凄く泣きそうになりました。
ありがとう、というメンバーにこっちこそありがとうを言いたくて。
届いていればいいな、と思います。


EC-1
無限大
友情、のみすばるくんが歌って、他はファンの大合唱。
そのセリフはピンクの。と言わんばかりの行動が凄く嬉しかった。

3階席には、山田の二人が。
マルちゃんも安君もファンに凄く優しい。遠めで見ててもわかりました。

EC-2
ズッコケ男道
岩手県民会館第2部=ソイヤ。
と、言っても過言ではないほどの盛り上がり。
安田のソイヤソイヤソイヤソイやという煽りに、ファンもノる。

この時間が一番楽しかったかもしれない、ほど盛り上がりました。


EC-3
挨拶。ありがとう、と何回も。

エイトの皆様、こちらこそありがとう。
本当に幸せで、本当に感動で、本当に楽しい空間でした。
次にあったら、絶対にまた行きます。

あの場のエイターの皆様も、ありがとうございました。
本当に楽しかった。


ありがとう。
関ジャニ∞ comments(0) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://laugh-cry115.jugem.jp/trackback/364
ロマネスクロマネスク(仏:Romanesque)は中世西ヨーロッパの建築・美術のうち、中世後期のゴシック以前のものを区別して用いる。ロマネスク建築、ロマネスク美術、ロマネスク様式などという。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipe
| クラッシックの世界 | 2007/10/06 19:18 |
<< NEW | TOP | OLD>>